Windows 8.1 プレインストールモデル リカバリー用メディアについて

Windows 8.1がプレインストールされた当社製パソコンにおいては通常HDD内に収録された再インストール用イメージからOSの再インストールを
行うため、一部の製品においては当社出荷時にリカバリー用メディアを添付しておりません。

回復ドライブの作成

コンピューター全体に障害が発生した場合に備えて、リカバリー領域(回復パーテーション)のデータを「回復ドライブの作成」でバックアップすることができます。「回復ドライブの作成」の手順につきましては、下記をご覧ください。

「回復ドライブの作成」を使ってリカバリー領域のバックアップを行う

目次

対象製品

以下の製品においてはリカバリー用メディアを添付しておりませんので、必要な場合は、当社より販売いたします。

  • Endeavor AY330S
  • Endeavor NY2400S

メディア購入費用

Windows 8.1 リカバリー用メディア :¥3,000/枚(税抜)

※ 購入時のOSと同様のエディションのみとなります。
※ メディア金額に加えて、送料:¥500(税抜)が別途かかります。

リカバリー用メディアを使用して再インストールする前に必ずご確認ください

本体ドライバーおよびソフトウェア(ライティングソフト/再生ソフトなど)は、リカバリーメディアに含まれていません。以下のいずれかの方法でご用意いただけます。

  • 本体ドライバー / ソフトウェアのインストール用データのバックアップ
    HDD内に本体ドライバー / ソフトウェアを再インストールするためのデータが収録されています。バックアップしていただくと、別途購入は不要です。
    詳しくは、下記をご覧ください。

    リカバリーツール : HDD内のインストール用データのバックアップ方法

  • 本体ドライバー/ソフトウェアの購入
    ご購入される場合は、¥3,000/枚(税抜)となります。
  • 本体ドライバーをダウンロードページから入手
    機種別のダウンロードページから入手することができます。ソフトウェアは、ダウンロードができないためご購入いただくか、バックアップが必要です。

ご注意

  • 販売店様など、製品のご使用者・所有者以外の方へのご提供はできません。
  • リカバリーを実施する際、HDD内すべての領域の削除が必要ですので、お客様の責任においてデータのバックアップを行ってください。
  • リカバリーメディアによる再インストールを行うと、ユーザーズマニュアルに記載されている手順での再インストール(「PCをリフレッシュする」など)が行えなくなります。

お申し込み窓口

下記窓口までお電話にてお申し込みください。

修理受付窓口